貯金・年金が目減りして減ってしまうのを考えよう
お気に入りに追加

雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays

雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays

人気ランキング : 5818位
定価 : ¥ 1,680
販売元 : 幻冬舎
発売日 : 2004-09-10

価格 商品名 納期
¥ 1,680 雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays 通常24時間以内に発送
日曜日に読むのはお勧めしませんが・・・

今までのような経済的と思われる問題のみならず、教育や国家体制など必ずしも経済的な考え方のみでは、なじまないものも、橘氏のフィルターを通した形で論じた点で、面白かったと思われます。ただし、他の方も書いている通り、従来からのファンの方には重複する部分が多く、今までのような経済的なものに対しての目新しいものはほとんどなかった点は残念でなりません。

この世界には、こういう選択肢もあります。

 この本は、以前日経新聞日曜版で連載されていたものを取りま
とめた内容です。著者は、「マネー・ロンダリング」の小説で有
名です。
 私は、「ゴミ投資家シリーズ」から資産運用やライフプランに
興味を持ちました。経済的自由を人生の目標にしようと思ったの
も、この一連の書籍によります。
 人生には、さまざまな選択肢があります。橘玲氏の本はその、
オルタナティブを紹介し、「この世界には、こういう選択肢が
ありますよ」と声をかけてくれます。ただし、選ぶのは自分。
何を捨てて、何を手に入れるかを自分で決める。自分のライフスタイ
ルが重要だということを教えてくれます。

はい、初めての方はぜひ

期待して読んでしまった分ハズレだった。それは著者が悪いのではなく、おそらく私が悪いのだ。というか、
これまでの著作に目からウロコで、以来考えに考え見詰めなおししてきた結果、ある種の免疫か抵抗が出来て、それで物足りない気持ちになってしまったのかも、知れない。
だからむしろ、初めて読む方に最適かも知れない。

お金について、突きつけられた現実に立ち向かうには…

日本経済新聞日曜日朝刊に連載されたエッセイを
一冊にまとめた本です。
近年の「お金」に関する本といえば
節約や投資などの「ちょっとしたテクニック」で
がんばれば明るい未来が開かれる、という本が多いですね。
そんな気持ちを一発で吹き飛ばすような
ネガティブな話が満載です。
読んで怒る人もいるでしょう。
ただし、どん底に突き落とされて終わるか?は
読者の皆さん次第なわけです。
現実に立ち向かう覚悟を決めるのには良い本でしょう。
印象に残っている言葉を一つだけ。
この本がネガティブとはいえ正直に書かれていると思ったので。
「日本は世界でも最も人件費の高い国だから
 四畳半一間の安アパートに暮らし
 休みも取らず馬車馬のように働けば
 短期間にかなりの資産を築くことができるだろう」

数すくない価値ある本

この本は橘氏の著作のまとめ的内容になっている。よって、まだ氏の著書を読んでいない方にはぜひお勧めしたい。現在世間に溢れる資産運用本とちがい、もっと大局的な観点から資産運用をどうするかという概念が述べられている。例えば賃貸VS持家、どちらがお得か?という計算がよく雑誌に載っているが、橘氏の回答は明快。効率的市場ではどちらも一緒。違いは不動産リスクを誰が負うかだけ、という説明がなされている。持ち家を持つのはいいが、きちんとそのリスクを理解した上で住宅ローンを組むべきという本質をついたコメントをされている。巷に溢れる資産運用本とは格が違うというのが私の感想である。この本及び著者の他の作品を読んでから、資産運用ハウツー的本を読めば、情報過多になることなく、自分に必要な知識・情報がきちんと取捨選択できるようになると思う。すばらしい本です。


目減り,年金,貯金

このページのトップに戻る
『目減りする年金をどうしようか』は Amazon.co.jp のウェブサービスを利用して、実現しています。
Copyright 2005 目減りする年金をどうしようか All rights reserved.